京都の外壁塗装はイーペック

  • アクセス
  • KES環境宣言

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-80-4116

屋根塗装、杉板外壁塗装のイーペック株式会社のブログ

イーペックトップページ> 屋根塗装、杉板外壁塗装のイーペック株式会社のブログ > 外壁健康診断 > 外壁健康診断 ~チョーキング編~

外壁健康診断外壁健康診断 ~チョーキング編~

2019年7月9日    外壁健康診断 
, ,

営業の伊藤です。

みなさんは、チョーキング現象をご存知ですか?

チョーキング現象とは、画像のように、外壁を手で軽く触るだけ

手にチョークの粉のようなものが付着することをチョーキング現象といいます。

 

チョーキングの正体は、雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になって塗装表面に現れたものであります。

 

このチョーキングが一度でると、この状態よりよくなることはなく、

悪化する一方なので、チョーキング現象は塗装塗り替えのひとつのサインなのであります。

※ チョーキングが出たらすぐに塗装というわけではあるませんが、ひとつのサインであります。

 

ではなぜチョーキング現象が起こると、塗装の塗り替えをするべきなのか!

それは塗膜の劣化に直結するので、

塗膜の要素である防水機能が機能しなくなっていき、

その結果 苔の発生やクラックのひび割れにつながっていきます。

 

手に粉がつけばチョーキングのサイン

そしてバットの素振りで出来たまめは頑張っているサインであります。