京都の外壁塗装はイーペック

  • アクセス
  • KES環境宣言

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-80-4116

豆知識

豆知識

1.塗装は本当に必要なの?

豆知識

塗装と聞いて、「見た目をきれいにするもので建物そのものにとっては大切ではない」と思う方は多いのではないでしょうか?じつは塗装は、人間で言うと服のようなもので、建物本体を守る役割をしています。
みなさんのお家は太陽からの熱や紫外線、排気ガスなど、常にダメージにさらされています。服を着ることで怪我や火傷から体が守られるように、家も塗装を施すことで、重要な部分が守られ、住宅が長く健全に保たれることにつながります。しかし、塗装も時間が経てば服と同様に傷んできます。そこでメンテナンスが必要になってくるのです。塗料には、耐用年数という丈夫さの違いがあり、選ぶ塗料によって、5年、10年、15年大丈夫な商品、20年経っても劣化が少ないという商品まで様々あります。耐用年数が長くても汚れは付着しますので、あえて短めの低コストの材料でメンテナンス回数を増やし、家の模様替えを楽しみたい。丈夫な塗料を使用し、手を掛けずに長く住み続けたいなど、住み手の事情に合わせて、選び方はたくさんあるので、塗替えを考えられる際には、そのあたりの要望も業者に伝えるとよいでしょう。

2.業者によって見積価格が違うのは何故?

豆知識

いくつかの業者に見積を依頼すると、見積金額が業者によって大きく違うことがあります。なぜそのようなことが起こるのでしょう?

1つ目は、業態の違い個人で営業しているか、会社組織として営業しているか。個人の場合は、経費や会社の維持費などが少なくて済むのに対し、会社は社会保険料や維持費などに費用が掛かるので、工事単価が上がります。しかし、組織の場合、保証やトラブル対応力や、工事監理体制が整っているなどメリットもあります。

2つ目は、施工方法の違いここは注意が必要なところです。見積書では、仕上げ材料だけ記載されている場合がありますが、この場合は、どういった手順で作業をするのか聞いた方が良いでしょう。大切なのは下地補修や下地調整で、これが不十分だと、どんなに良い材料を使用しても、下地から浮いてくるというような不具合が発生します。

3つ目は、安全対策費つまり足場設置にかかる費用の違い。工事が済むと撤去する足場は、省きやすい工種ですので経費を抑える為に十分に見積をしない業者もあります。足場が不十分だと、職人が仕事に集中出来ずに仕上りに影響したり、転落事故が発生する可能性も出ます。その他繁忙期・閑散期といった工事時期など、理由は様々ありますが、大切なのは、値段だけではないということ。安い買い物ではないので、工事方法なども細かく聞いて、皆様が安心できると感じた業者に依頼することをお勧めします。

3.住宅改修は問題が起きてからでは遅い?

豆知識

雨漏りを確認できる時点で、すでに時間が経過していて、壁の内側が腐食していたり、傷んでいる場合があります。シミがついている程度の場合は問題ないのですが、壁紙を貼っている下地の板が歪んだり、腐食していると取り替え工事が必要になります。すると、工期が延びる・工事規模が大きくなるといったことになり、費用がかさんでしまいます。

あくまでも一般的なお話ですが、外壁の検査時期は、はじめは8~10年程度と言われています。外壁を触って白い粉が出始めていると劣化のサインです。また、外壁の繋ぎ目に使用されるゴムの部分(シールと呼びます)は、塗装などで保護をしないと紫外線などの影響を受けて縮んで硬くなってしまい、隙間が空いてしまいます。初期では塗装されていないことが多いです。外壁がサイディングという材料の場合、隙間が空いても下に防水紙というシートが貼ってあるのですぐに問題になることはあまりありませんが、時が経てば防水紙が破れて雨水が侵入し、カビが発生するなど、建物本体を傷める原因となります。

早期点検とメンテナンスをすることで、最低限の工事で費用を抑え、住宅の寿命を延ばすことができるのです。

豆知識

4.最近よく耳にするリノベーションって何?

最近よく耳にするリノベーションって何?

以前住まいの改修のことを、規模や内容によって「増改築」等呼んでいましたが、これらを包括的に表す言葉として「リフォーム」が使われるようになりました。 最近よく使われるようになった「リノベーション」という言葉は「リフォーム」と同じような意味合いですが、いったい何が違うのでしょうか。

「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になり、明確な線引きがされにくくなってきていますが、主に「工事の規模」と「住まいの性能」の2つの違いがあります。

リフォームとは【設備や内装を新しく】

「リフォーム」は、古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりすることで、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

DIYしませんか?弊社もお手伝いします

リノベーションとは【暮らしの性能を向上】

「リノベーション」は、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

イーペックで屋根・壁・塀を塗り替えませんか?

  • 外壁カラープランのご提案
  • 塗り替お見積システム