京都府(山科区・伏見区・宇治市など)、滋賀(草津市、大津市など)の外壁塗装・屋根塗装はイーペックにおまかせ!

京都の外壁塗装はイーペック

  • アクセス
  • KES環境宣言

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-80-4116

屋根塗装、杉板外壁塗装のイーペック株式会社のブログ

イーペックトップページ> 屋根塗装、杉板外壁塗装のイーペック株式会社のブログ > 工事のご紹介 > 木板塗装方法について簡単にご紹介します☆

工事のご紹介木板塗装方法について簡単にご紹介します☆

2015年12月4日    工事のご紹介 

今日は、最近お問合せをよく頂いている

外壁杉板貼りのお家の改修方法についてご紹介致します!

板壁は、年月が経つと風合いが出てきますが、

あまり長い間そのままにすると、

反ってしまったり、乾燥して朽ちてしまったりします。

また、壁の中に雨水が入ると、

雨漏りや害虫の棲家になってしまったりする可能性が出てきます。

表面の色が無くなってきたり、油分が減って反りが起こる、

また、パリパリになって脆くなりかけてきていたら、

塗装をして保護をする必要があります。

1現状

まず、浮いてしまっている板を釘で打ち直します。

(ただし、かなり劣化が進んでしまっていると、

木材の状態によっては割れてしまう場合もありますので注意です!

そうなっている場合は、張替をおすすめします。)

補修1

補修2

平らになりました。

次に、作業範囲の窓や床が汚れないように、

マスカー(マスキングテープとポリエチレンシートが合体したもの)

シートなどでカバーして塗装作業の準備をします。

IMGP0096

↑マスカー

さていよいよ塗装作業開始です。

木材表面の毛羽立ちや汚れを紙ヤスリで研磨して取り除きます。

この下地調整の作業が大切でここでの作業が、

仕上がりの見た目や、塗料の保護性能の耐久性に影響します。

2毛羽立ち研磨

研磨した後は、汚れをしっかり布などでふき取ります。

3拭きとり清掃

表面の汚れが取れたら、下塗りです。

刷毛や短毛のローラーを使用して木材保護塗料を塗っていきます。

4下塗り

下塗り後、2時間以上おいて、軽くペーパー研磨後、上塗りです。

 

7上塗り

時間を空けて塗り重ねることで、ムラ無くしっかりと木材に塗料が浸透して、

保護効果を発揮してくれます。

8完了

塗装完了です。板壁が見違えるように美しくなりました。

ここでは、黒色の保護塗料を使用し、引き締まったクールな印象の建物になりました。

1階の壁などの低く危険ではない場所や小さな規模でしたら、

皆さんでもご自宅をDIY(ご自身で塗装すること)できます。

作業される時は、安全第一でお願いします!

塗料や道具など、わからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

アーカイブ